社史、歩みと今後

TLKホールディングスは、2006年に日本の投資家とTLKグループによって設立され、15年以上にわたるその歴史で、ベトナム地域の建設分野に一定の地位を得ました。

継続的な改善と開発の過程で、TLKホールディングスは時間の経過と共にいくつかの成果を達成しました。

  • 1996 - 2000

    TLKホールディングスの前身は

    T&L(空調・冷蔵設備)センターで、空調と冷蔵設備の流通を専門としていました。

    民間用および産業用エアコン:Sanyo、Panasonic、Hitachi、York、Carier などを取り扱う。

    MEP産業の材料:電気ケーブル銅管、電気機器、通気孔など。

    家庭用電気:蒸気ファン、テレビ冷蔵庫、視聴覚機器など。

  • 2001 - 2005

    TLK(冷凍電気)エンジニアリングサービストレーディング株式会社に改称しました。

    MEPの設計と工事:電気、軽電気、HVAC、機械システム。

    民間用および工業用エアコンの分布:Sanyo、Panasonic、

    Hitachi、York、Carierなど。

    輸入と流通:冷凍材料、機械工学、ツールなど。

    2001 - 2005

  • 2006 - 2010

    日本の投資家の参加により、TLK建設株式会社(現TLKホールディングス)を設立しました。

    パートナー企業との協力: Nikken Sekkei、Kume Sekkei、Asahi、ベトナムSWAなど。

    主なプロジェクトの実施: SAIGON TOURIST様、SECC様、

    FAMILY MART様、VIETNAM MUSASHI PAINT様など。

  • 2011 - 2015

    TLK M&E 会社及び TLK 建設会社を合併しTLK ホールディングスカンパニーに社名変更し、ホーチミン市10区

    タインタイで TLKホールディングスの本社を設立。

    建設分野でのDesign&Buildモデルを確立しました。

    主なプロジェクトの実施: KOKEN様、SANSHO様、KAISEI様、FUJIYA様、IWASAKI ELECTRIC様、KYORITSU BUSSAN様MINISTOP様、AEON CITIMART様など。

    2011 - 2015

  • 2016 - 2020

    生産と事業活動を拡大するため、投資家は資本金を800億ドンに増やし更に成長し続けています。

    ホーチミン市クチのホーチミン市ハイテク農業団地に製造工場を設立。

    効率と品質改善のため、BIM・ERP・Green Technologyなどのテクノロジーやソリューションを導入しました。

    Comany、Asahi、Panasonicなどの日本のブランドとの協力を拡大していきます。

「ベトナムの地域の発展に伴い、社会に欠かすことのできない事業であり続けます」

社会にとって包括的で必要不可欠な企業になることを目標としています。

蓄積された経験と「チームワーク、ネットワーク、フットワーク」のもとで働く力を集約し、

TLKホールディングスはお客様の信頼にお応えし、ベトナムとその地域に必要不可欠な存在となることを約束します。